日本語│English   お問い合わせ

ロゴ

home HOME > 事業について
トップイメージ

国際メディカル研究所の事業展開

平成18年5月に開設した当研究所は、「健康な状態のままで長寿をめざす」を事業コンセプトに、
それに向けて下記の3つの事業内容で事業活動を行っています。

①「未病のための予防医療」を基盤とした研究開発。

当研究所では、「未病のための予防医療」をテーマに、人と身体のメカニズム、暮らしと身体と健康、食と健康、運動と健康など、
さまざまな角度から未病のための研究を行っています 。
また、それらの研究内容を基に「機能性食品」「健康食品」「保健用食品」「清涼飲料水」などの臨床試験や商品開発も行っています。
研究開発においては、南京医科大学・南京中医薬大学・国内の大学病院や著名医師と連携を図って研究開発に努めています。

国際メディカル研究所 未病・予防への取り組み
②健康増進食品の製造・販売

当研究所では、未病のための研究開発の中から生まれた
「機能性食品」「健康食品」「保健用食品」「清涼飲料水」などの製造・販売を行っています。
また、ご利用いただいているお客さまへは、定期的なアフター
サービスを行う国内においても画期的な予防医療システムを構築し、全国の協力病院との連携のもと定期的な血液検査を実施し、予防医療の推進に努めています。

③統合医療クリニックの運営
当研究所と直結した医療クリニックを併設し、最先端医療と代替医療を融合した統合医療に取り組みます。
また、商品を購入されたお客さまの検査機関であり、健康な方の未病クリニックとして定期検査、生活習慣と管理栄養指導、4大疾病の予防管理などの予防医療にも取り組みます。
もちろん、一般診療も行っています。
誰もが長寿をめざせる社会に向けて、統合医療の核ステーションとして臨床医療をはじめ、その成果を広く発信したり、積極的に啓蒙活動を行ったり、人々の健康づくりに貢献することを使命としております。
これら3つの事業を循環させる未病医療システムを構築するために、協力病院や医師との提携・交流を図り、全国的な事業展開をめざしています。
自分自身の身体を理解し、病気や疾病にならないよう予防治療を受けながら、元気なまま長寿をまっとうできる、そんな「ひとつ上の健康」を社会にお届けできるよう努めてまいります。

未来に向けて

当研究所は、この先、環境汚染が進行し食生活へも多大なる影響が出るであろうと警戒しています。これらが引き金となって病気になるリスクが高まり、未来の遺伝子に傷がつく恐れがあるからです。
そのため当研究所では、3つの最先端医療の研究開発を進めています。
(1)提携病院との連携によるさい帯血の研究開発
(2)血液の研究開発
(3)免疫の研究開発
例えば、健康なときの血液や免疫を管理し、将来発病した際の対処法として応用したり、定期的な記録により個人の長寿のサポートとなる研究を進め、同時に臨床医療ができるシステム体制の整備に務めています。
未来の予防医療のために日々、最先端医療の研究開発に勤しみます。
先端医療の研究・開発

会社概要

商号 株式会社 国際メディカル研究所
代表者名 代表取締役 肥後 春男
所在地
google_map
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町1丁目23-43 ファサード江坂ビル3F
設立 昭和63年2月20日
資本金 3,500万円
事業内容 医療の研究開発、予防医学・代替医療・栄養管理学等の臨床検査及び研究開発、
専門病態情報(病院提携システムの確立)
提供サービス、各大学教授医師との・国際交流システムの企画運営、講演会の開催、
新商品の研究開発等
事業目的 各大学教授・医師との交流システムの確立をめざし社会の発展に寄与する。
未病の予防を基盤とした健康づくりに関する
事業を行い、協力病院との提携と更に全国的な事業展開に加えて国際交流と支援活動を実施します。
民間事業としては初の国際的『未病予防社会の実現』を目指しています。
スローガン:「健康100歳長寿挑戦」

トップスクロール